• 良い人材が揃うカンボジアの技能実習生

    現在の日本は、少子高齢化社会の真っ只中にあります。

    その状況は今もなお進んでおり、高齢者の人数が最も多くなるのは2025年だと言われ、それからは人口減少がどんどん進み、2050年には日本の総人口は8000万人台になると予測されているのです。

    現在でも日本の各企業は人手不足の状況で、例え仕事があったとしても、その仕事を行う従業員が足りていないと嘆く企業が多いのです。

    若い世代の人口が圧倒的に少なくなっていることで、企業間で人材の奪い合いが生じているのが現状となっています。そんな人手不足を補うために、海外から若い働き盛りの人材を採用している動きが、現在では活発になっています。



    以前であれば、中国人の技能実習生を採用することが多かったのですが、近年の中国では急激な経済発展を遂げたため、自国の企業が人手を必要として、日本に来る人材が少なくなりました。
    その後は中国人に変わってフィリピン人の技能実習生が多くなったのですが、もともと人口がそれほど多くないことから、現在ではフィリピンからの技能実習生は鈍化しています。

    そして現在最も活発になってきているのが、カンボジア人です。

    カンボジアでは日本と違い、若い20代の人口の割合が、一番多くなっています。

    そのため、働き手がとても多く、さらにまだ経済発展がそこまで高まってはいないため、日本に来て稼ぎたいと考える人が多いのです。



    そこに目をつけた日本の企業が、カンボジア現地で技能実習生を募り、日本語や日本の文化、習慣などを教え、日本に送り込んでいる動きが活発になっています。今後はますますカンボジアの技能実習生の需要と供給が広がっていくことでしょう。

    カンボジアの外国人研修生の情報サイトです。